高い品質と徹底した安全管理

建物の骨といわれる鉄筋をつなぐことが私たちの仕事です。
この骨となる鉄筋同士がしっかり接合されていないと、建物の寿命が短くなったり、一部倒壊といった事故につながる可能性があります。
私たちはこのようなことを決して起こさないよう、日々鉄筋継手の技術を学び、新しいものを取り入れ、日本の大型建築業界に貢献していきたいと考えています。
また、施工中の安全管理も徹底して行っており、安全帯やヘルメットの着用はもちろん、作業するスタッフ各々が「安全のために自分が出来ること」を考え実行しています。

チャレンジ精神を大切に

これまでに工事内容が複雑なご依頼もお受けしてきましたが、全て完成させお喜びいただいています。
ご依頼内容が複雑・困難であっても、弊社が持つ技術と知識をフル活用することにより、不可能でないと判断すれば、全力で取り組みたいと考えています。
「困難な理由」を考るのではなく、「出来る方法」「施工するために必要なこと」を考え、常に難しいことにチャレンジする精神を大切にしています。

継手工事に特化している自覚と責任

弊社は鉄筋工事の中でも、継手という特殊な分野に特化しており、大型建築物の建設時に必ず必要とされる仕事です。
完成した建物は多くの方が利用されますので、大きな責任を感じつつ日々現場に臨んでいます。
また、鉄筋継手工事のプロとしての自覚を持ち、新しい知識や技術を取り入れ、常にお客様のご要望にお応えできる体制を整えています。

スタッフ間のコミュニケーション

私たちの仕事は基本的に二人一組で行います。
チームワークが非常に重要となる仕事です。
意思の疎通が出来ていないまま現場に入り、お互いが勝手なことをしたり思い込みで動くと、施工に支障を来すだけではなく、事故につながる可能性もあります。
必要なことは必要なときにしっかりと言葉で伝え合い、ミスや事故が起こらないよう細心の注意を払っています。

職人募集 業務案内